観光地の美味しい人気のおすすめグルメ

  • 中華

心と身体が喜ぶ中華をどうぞ!仙台・一番町「中国北京料理 飛天」

写真

 

青葉城とも呼ばれる城跡やかつての

藩主伊達政宗公の霊屋「瑞宝殿」、

さらに杜の都と称される美しい街並み―東北の雄、

仙台市は必ずや訪れてみたい魅力あふれる観光地ですよね。

 

名所も目白押しのそんなエリアに、

旅のお楽しみとして足を運びたくなる中華の名店があるんですよ。

「中国北京料理 飛天」が、今回のイチオシ。

仙台市地下鉄東西線・青葉通一番町駅南1番出口から徒歩2分と

交通至便なところにあるので、気軽に立ち寄ることができますよ。

 

さて、まずは気になるのは、

店内がどんな雰囲気になっているのか、ということですよね。

上品さがありつつも、格式ばったところはなく、

普段の食事からハレの日まで使える懐の深さがあって、

落ち着いて過ごせる空間になっているんですね。

 

団体旅行を企画した場合には、

貸し切りも可能な大広間がとっても便利。

みなさんで遠方に出かけた思い出づくりにはピッタリですよ。

 

何をオーダーしていいのか迷ったときには、

お一人様8,800円(税込み)の

「松島コース」を選べば間違いなしですよ。

はじめの「彩り冷菜 銘々盛り」から、

さすが、と唸らせるほどの逸品が並んでいるんですね。

 

「ふかひれ入り薬膳蒸しスープ」は、

中医薬膳調理師の国家資格を持つオーナーシェフだからこその

胃袋にじんわりしみ込む深い味わい。

「天然車海老チリソース 蟹淡雪炒めの海鮮料理二種」では、

一皿に盛りつけられた赤と白の

見た目の対比も魅力となっていますよ。

 

「北京ダック・蟹の爪フライ」をはさんだ後の

「国産牛サーロインの青山椒醤炒め」は、火の通し加減といい、

味つけの絶妙さといい、技術の高さを感じさせてくれる逸品。

山海の幸を盛り込んだ「揚州式海鮮五目炒飯」、

最後の「装飾デザート盛り合わせ」までいただくと、

心も身体もすっかり快活になってきますよ。

 

仙台市・一番町にある「中国北京料理 飛天」は、

地元グルメ散策の合間にも、ぜひとも訪問しておきたいお店。

今度の観光ルートに加えてみてはいかがですか。

 

 

[店名] 中国北京料理 飛天
[住所] 〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町3-1-18 しまぬきビル3F
[アクセス]
仙台市地下鉄東西線「青葉通一番町駅」南1番出口より徒歩2分
仙台市地下鉄南北線「広瀬通駅」西4番出口より徒歩4分
[営業時間]
ランチ :11:30~15:00(料理L.O.14:30 ドリンクL.O.14:30)
ディナー:17:30~21:30(料理L.O.21:00 ドリンクL.O.21:00)
[定休日] 年末年始
[TEL] 022-395-5191
[ホームぺージ] https://www.hiten-sendai.com/

PAGE TOP